特定非営利活動法人 グローバルライフサポートセンター

国際医療支援

国際医療支援

日本の国際医療については、2014年7月22日に閣議決定された「健康・医療戦略の概要」のうち、(2) 健康・医療に関する新産業創出及び国際展開の促進等に関する施策、の部分で、「我が国において在留外国人等が安心して医療サービスを受けられる環境整備等に係る諸施策を着実に推進する。」ということを掲げています。

当センターでは、2006年にセンターが発足して以来、ずっと外国人支援を行っています。

国内在住の外国人医療

外国人は日本の医療サービスを受けるにあたり、多くの問題を抱えています。
当センターではこれまでの外国人患者の相談実績をもとに、外国人受け入れを検討している医療機関に対し、導入支援を行っております。
まだ多くの医療機関は受け入れ態勢が出来ておりません。今後、在住外国人の高齢化や観光客の増加に伴い、事故や救急対応が求められるケースが出てくることになります。
当センターでは医療機関の様々な状況に合わせて、適切なアドバイスを行っております。

国際医療交流コーディネーター(医療滞在ビザの身元保証機関)登録番号 B-021

海外の患者さんで日本の医療機関を受診したい方のサポートも行っています。
業務内容
・医療機関への連絡、日程調整
・医療滞在ビザの取得に必要な身元保証書の作成
(当センターは医療滞在ビザの身元保証機関として外務省の認証を受けています)
・滞在中の通訳派遣、入国・出国時などの各種サポート

2011年から始まった「医療滞在ビザ」の運用により,日本で医療サービスを受けることを望む外国人は,同伴者とともに最大6ヶ月間滞在できるようになりました。
→外務省のホームページへ医療滞在ビザの取得には,外務省が認定した身元保証機関による保証書と医療機関による受診予定証明書が必要です。
当センターは身元保証機関としての認証を受けています。

ご利用の流れ

[相談無料]お気軽にお問い合わせください TEL 092-283-8880 受付時間/9:00〜17:00

PAGETOP